ゆにオステオパシー整体院
MENU

自律神経の乱れを姿勢で判断する方法

自律神経の乱れを姿勢で判断する方法

電話予約道案内

自律神経の乱れを姿勢で判断する方法

自律神経について

・自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経で成り立っています。

交感神経は、活動時に働き、副交感神経は、休息時に働きます。

この2つの神経は、普通はシーソーのようにバランスを取り、

身体の状態を一定に保つように働いています。

それが、上手くコントロール出来なくなっている状態が自律神経失調症になります。

 

自律神経は、目、唾液、気管、心臓、汗、血圧、胃腸、消化菅、

胆のう、膀胱、生殖器、呼吸、白血液などをコントロールしています。

症状


症状は様々あり、めまい、冷汗、ふるえ、動悸、血圧の変動が激しい、

立ち眩み、朝起きられない、耳鳴り、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、倦怠感、

不眠症、生理不順といった身体症状がでるだけではありません。


交感神経が優位になると血管が収縮するため血液の流れが悪くなるために

脳の働きが低下、内臓の働きが悪くなります。

それに伴い、感情の変化が上手くいかなくなったりするので精神的な安定がとれなくなります。

そうなると情緒不安定、不安感やイライラ、被害妄想、鬱状態など精神的な症状に繋がる事もあります。

 

自律神経の乱れのある人の姿勢

・防衛反応=副交感神経

・闘争反応=交感神経

 

病院やよくある整骨院、整体院での一般的な対処法

・病院では、レントゲン、MRIなどの画像検査や血液検査などをして、

手術が必要な大きな問題でなければ、検査結果に基づき、薬が処方されることが一般的です。


・整骨院や整体では、自律神経の乱れで筋肉が緊張した筋肉をマッサージ、揉んだりして緊張をとる。

たは、背骨や骨盤の歪みの調整をすることで自律神経の乱れを調整をすることが一般的です。

筋肉、背骨、骨盤が原因であれば、このような対処法でも改善に向かっていく可能性があります。


しかし、それ以外が原因がある時は対処療法になってします。

ですから、なかなかこれで改善していないのが実情です。


では、どうしてあなたの自律神経失調症は改善しないのでしょうか?

なぜなら、自律神経失調症の原因は人によって違いがあり、

原因が1つでないことが多いからです

 

では、なぜ当院で自律神経失調症に対応することができるのか?

それは、身体の不調を見るのではなく、あなたの身体のバランスがどうして崩れているのかを

みていくからです。その1つの指標として、当院では重心・体の軸がズレをみていきます。

重心とは、頭頂部、耳、肩、股関節、膝、足のくるぶしのちょっと前を結んだ線です。


では、なぜ重心、身体の軸がズレると自律神経が乱れるのでしょうか?

通常、自律神経は、体勢が変わったり、生活のリズムが変わる度に身体の状態を

安定させるために働いていますが重心(身体の軸)がズレると、

身体は不安定な状態のため自律神経は、正常な重心の時よりもバランスを

とり続けてないといけない状況になります。その状態が長く続くと

自律神経が疲労して上手く働かなり、自律神経が乱れて様々な体の不調を引き起こすからです。

重心(体の軸)が崩す原因を見極めて、整えることで自律神経の乱れを改善していくからです。

身体全身をみるのは、重心(体の軸)は、背骨、骨盤、手足の関節、

内臓、血液、リンパなどの流れなど様々な原因で起こっているため身体全身をみていきます。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ゆにオステオパシー整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE@LINE@
  • 完全予約制

  • 定休日不定休
  • 長岡出張
  • 新潟店もしくは長岡出張(要確認)
※土曜日・祝日は、新潟店もしくは長岡店(お問い合わせください。)
営業時間
9:00〜20:00
(受付は18:00まで)