ゆにオステオパシー整体院
MENU

意外と知られていない慢性腰痛の原因。

意外と知られていない慢性腰痛の原因。

電話予約道案内

意外と知られていない慢性腰痛の原因。

 

腰の関節や筋肉以外が原因で腰痛が起こることをご存知ですか?

 

あなたは、腰痛で病院に行き、腰椎椎間板ヘルニア、

すべり症、脊柱管狭窄症と言われたかもしれません。

または、病名は言われなかったけど骨と骨の間が(関節)狭くなっているからと

病院で言われたかもしれませんね。

 

腰痛になると画像検査をすることが多いですが、

実は85%の腰痛が筋骨格の異常とは無関係というデーターがあります。

つまり、画像では原因がわからない腰痛が85%もあるのです。


では、ほかの85%は何か?

 

私が考える6つの腰痛の原因

 

1.腰以外の関節や筋肉に問題

・腰以外の関節の動きや歪みがあるために腰に負担がかかるケース
(例)足を捻挫してそれをかばっていたら腰が痛くなった。

 

2.内臓の問題(食生活や病気など)

・内臓も食生活が悪かったり、過去の病気で手術したり、

胃炎などを起こした場合は炎症により癒着が起こることもあります。

癒着が起こると身体の動きが制限されます。

内臓の動きが制限すると身体はスムーズに動くことが出来なくなります。

それは、身体が動いている時に内臓も一緒に動いているからです。

 

3.ストレスなどの心の問題

・ストレスが溜めるとネガティブな考え方になります。

すると、人間は、下を見ることが多くなります。

下を見ていると背中が丸くなりますね。

背中が丸くなることで背骨の形が変わり、腰に負担がかかります。

 

4.身体の使い方(姿勢)による問題

・身体が痛くなるような身体の使い方(姿勢)している。
(例)×物を持つときに膝を伸ばして物を持つ。
   ○物を持つときに膝を曲げて、腰を曲げずに物を持つ。など

 

5.休養と運動のバランスに問題

・自分の体力以上の仕事をしている。
身体を休める時間がないので身体が回復しない。など

 

6、その他

・ほかにもありますが主要な原因はこの5つと私は考えています。

 

当院の施術の考え方

当院では、患部の状態よりも身体全体が

どうなっているか?が重要と考えています。

 

例えば、腰椎椎間板ヘルニアの場合、椎間板がつぶされたことに

より椎間板や髄核が飛び出た状態をいいます。

では、なぜ、椎間板はつぶされたのでしょうか?

 

椎間板が飛び出るほど負担がかかっていたわけですよね。

骨と骨の間が狭くなっている方も同様です。

どうして骨と骨の間が狭くなってしまったのか?

 

そういうと、多くの方が筋肉の緊張が原因と答える方が多いです。

 

では、どうして筋肉は、緊張しているのでしょうか?

 

・年のせい?

・身体の使い過ぎ?

・同じ姿勢で作業していたから?

・遺伝?

 

これらの答えも間違えではないと思います。

 

でも、考えてみて下さい。

 

必ずしも、同じ年齢の人が同じように痛くはなりませんね。

そして、同じ作業をしていても同じように皆さん痛くはなりませんね。

次に遺伝。これも家族がみんな同じように痛くなることはないはずです。

 

私が考える理由は、

自己調整力・自己治癒力の低下と考えています。

 

 

自己調整力とは、バランスをとる力

私たちの身体に悪い所があっても、ほかの場所がカバーしていれば

身体に問題が出る事は本来はありません。

自己治癒力とは、痛んだ所を修復する力

例えば、傷ついても、特別な治療をしなくても

傷は治りますよね。


ですから、病名がついた腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、

脊柱管狭窄症は、手術しなくても痛みが改善する方がいます。

また、手術をしても改善しない方もいますよね。

そこで当院では、患者さんの身体の状態をみて

身体の調整(整体)をしていきます。


また、必要に応じて姿勢指導や運動、食事指導もしています。

 

身体の調整も腰や骨盤だけをすることはなく、

患者さんが腰だけでなく身体全体が上手く動くようにし、

再び、自然調整力・自然治癒力が正常に働けるようにするために

全体をみて調整を加えていきます。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ゆにオステオパシー整体院への
ご予約・お問い合わせはこちら

    LINE@LINE@
  • 完全予約制

  • 定休日不定休
  • 長岡出張
  • 新潟店もしくは長岡出張(要確認)
※土曜日・祝日は、新潟店もしくは長岡店(お問い合わせください。)
営業時間
9:00〜20:00
(受付は18:00まで)